FXの取引概要

FXの為替取引は通貨を交換(売買)すること

だれでも日経平均株価などといっしょに為替という言葉を、テレビや新聞などで一度は耳にしたことがあると思います。
しかし、「為替」を説明するとなるとチョット難しいのではないでしょうか。為替の定義は、「現金を直接やり取りせずに、遠隔地間の資金決済や資金移動を行う」ということになります。国内の相手であれば、「内国為替」、海外の相手とすれば、「外国為替」となります。
手形の決済なども為替に含まれるといっていいでしょう。
「内国為替」は国内の相手と取引を行うため、銀行振り込みや銀行口座での自動引き落としなどと同じで、円という同じ通貨ですが、「外国為替」の場合は、必ず相手国の外貨に交換して取引を行わなければならないことになっています。
このことから、外貨建ての送金や決済だけでなく、それを行う前の前提となる、通貨の交換(売買)も「外国為替」とよばれるようになり、今では、「為替」と言えば、一般的に内国為替ではなく、この外国為替のことを指すようになりました。

[最終更新日] 2007/10/25







-FXの取引概要

先頭へ