未分類

広告代理店の実際

 広告代理店というと、電通や博報堂などの有名な企業があり、華やかなイメージを持っている人が多いかもしれません。


 広告代理店は、記事を書いている2006年の時点で、新聞の総部数5000万部強の内、広告収入1兆円、テレビでは総広告費2兆円を民放主要局で分け合う形になっています。
 より魅力的な記事や番組で、スポンサーの信頼を得、販売部数、視聴率などで結果を出さなければ利益が上げられない、厳しい競争が繰り広げられています。
 企画広告の分野では、駅、コンビニ、家庭に無料配布される広告情報誌の枠を発行日までに売り切るノルマが課せられています。
 企業がムダな出費を抑えるために削るのはまず広告費からと言われているため、広告枠の販売ノルマを達成できるまで夜も休日も返上しての努力がされているようです。

[最終更新日] 2007/01/18



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ