未分類

広告代理店

 広告代理店とは、広告を掲載するメディアと、広告を載せたい企業の仲介をする会社のことです。


 広告の種類は、新聞、雑誌、折込チラシなど個人の家に届くもの。テレビ、ラジオなど電波に乗って広告されるもの。電車のつり革や看板、スポーツ競技場など人の集まる屋外で広告されるものなどがあります。
 最近では、インターネットや携帯向けの広告が成長を続けています。
 広告代理店は、広告を載せたい企業の予算に合わせて商品イメージをデザイナーなどに依頼して広告の形にし、メディアに掲載します。
 よく街中で、無料で配られている情報誌は、企画広告と言われ、企業や個人ショップに広告枠を切り売りして、多くの人に無料で手にしてもらうことで利益を得ています。

[最終更新日] 2007/01/18



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ