未分類

広告収入の弊害

 広告によって簡単に収入が得られると、近年、インターネット上での広告競争が激化しています。


 多くの人の目に触れれば触れるほど、広告の効果は高まり、広告の掲載を依頼した企業から多くの収入を得ることができます。
 インターネットを経由しての広告は、印刷代も郵送代もかからずに、情報を発信する努力や工夫をするだけでより大きな効果と収入が得られることは確かでしょう。
 広告の行き過ぎによる被害はスパムなどと呼ばれています。
 広告する商品とは無関係な個人・団体・企業の掲示板への宣伝行為を繰り返して、情報を発信しているサイトの運営にダメージを与えたり、不特定多数のメールアドレスに未成年には有害な宣伝メールを無差別に送ったりする現象などが挙げられます。
 スパムメールは、大量に送信した際に特定のシステムをダウンさせたりした場合は法的に取り締まれますが、現在のところ、情報の発信を規制するだけの仕組みがありません。
 広告発信者と消費者の攻防がイタチごっこのように繰り広げられていますが、誰もが安心して暮らせる広告の仕組みが望まれています。

[最終更新日] 2007/01/18



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ