未分類

インターネット広告の仕組み

 広告は、多くの人に長時間目に付くほど効果が高いため、人気のあるインターネット上のサイトや、インターネット上で必要不可欠な情報を発信するようなサイトほど、高価な広告費がかかります。


 インターネットは、誰でも自由にいつでもアクセスできる特徴があるため、伝統的な手法や人脈ではなく、ちょっとした閃きが多くの人を集め、広告を出す価値を高めていきます。
 インターネット広告の代表である大手検索サイトなどは、始めは少数の学生などがひらめきで立ち上げたものが人気を集め、「人が集まるだけで儲かる」インターネット広告の基盤を築いたともいえるでしょう。
 大手検索サイトの広告効果は、今ではユーザーに欠かせないツールとして日常に深く入り込み、ますます高まっています。
 ニュース速報、天気予報、メールアドレス、掲示板、ブログ、オークション、ショッピング、金融情報など、ユーザーがほとんど無料で使えるものを提供して喜んで集まってくれればくれるほど儲かる商売って、とても面白いですね。

[最終更新日] 2007/01/18



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ