相場の心得

次の一手が肝要

市場は24時間365日取引が行なわれ、株式市場は休みの日は除いても、今日も明日も明後日も休みなく開かれます。負けて撤退する人もいれば、新たに参入してくる人もいます。いつも新しい血が流れ込み、常に株式市場には変化が起こっています。片一方の売買に集中することは稀で、株価は小刻みであっても毎日動いています。損したことを悔やんでいるとその間も、マーケットは変化していきます。過去のことを悔やんでいたら、次に儲けるチャンスを失うことにもなりかねません。

投資の世界で「死んだ子の歳の数をいつまでも数えない」といいますが、まさにその通りなのです。絶好のチャンスだと信じ込んだ玉を大切に抱え込んだまま、ズルズルと深みにはまって失敗するよりも、素早く損切りをして、その損切りしたことをいつまでも気にしないことが大事なのです。マーケットは絶えず変化し、新旧の交替が進めば進むほどあなた自身も変化しなければなりません。つねに「明日はどう行動するか」を考えるベきなのです。

「あの時こうすれば、ああすれぱ」というように、過去を悔やんでいると、また同じ失敗を繰り返すことになりかねません。いつどんなときでも、「買う」「売る」「見送る(休む)」の三つしか選択肢はないものだと思って間違いありません。

「今この瞬間」を集中して行動できないと、投資の世界での成功は難しいでしょう。なぜなら、野球と同じように前の打席に凡退したら、次の打席でもきた球を打つことしか解決策はないのです。投資の場合も「今どうするか」を、その瞬間瞬間に集中して判断するしかないのです。投資家が次の一手を打たない以上、その日のマーケットは終わってしまいます。済んだことを早く忘れなければ、投資家は失敗したことにつぶされてしまうのです。

[最終更新日] 2016/03/18







-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

相場の大敵は恐怖感

投資は偶然でも「儲ければすべてよし」なのです。だからといって、「少し待ってみよう」とか「明日の様子をみからにしよう」と判断したとして、損失が縮小する保証はどこにもありません。「改善する」「変わらない」 …

no image

損切り(ロスカット)は最良の方法

まったく損失を確定をすることなく、すべての売買に完勝できれば良いに決まっています。しかし全勝できる投資家などプロの世界にもいません。「一度も失敗したことがない」という人がいたら、売買の回数が少なくいか …

no image

相場やり抜く覚悟はありますか?

「何のために仕事をするのか?」で「少しずつやる」と書きました。少しずつとは、「資金のうちの少し」というい言う意味です。100万円の資金がある人なら、その3分の1の30万円をイッキにということです。 も …

no image

相場こそ休むべし

相場の世界に身をおく人で、この相場金言を知らない人はいないと思う。この金言を作ったご本人がこの「休む」ことができなかったという。それほど相場で休むことは難しいといわれる。休みといえば、1ヶ月のこともあ …

no image

誰にでも儲かる方法は

巷にはすぐにでも儲かりたいと願う人がたくさんいて、その人がほしがる投資法の書籍や教材、投資セミナーなどであふれています。儲かっている人がいるのですからその人のまねをすればすぐにでも儲かりそうな気もしま …

先頭へ