FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

相場の心得

損切りの心理的影響

投稿日:

言い方が古いが、古今東西「名人」といわれる人ほど損切りが上手で、日計り(デイトレード)など夢の時代でも、極端に言えばその日のうちに処分してしまうなんてこともしばしばでした。お金の動きがグローバルで1日中動いていて価格の変動は敏感ですから、早めの対処が必要になるのは当然です。

相場はすべてが思惑ですから、その思惑とは反対に動ぐことなどしょっちゅう起こります。思惑通りに動いた場合は、放っておいてもそれなりに儲かりますから、それとは逆の思惑通りに動かなかった時の対処が大変重要になります。チョット損切りを躊躇したり、対処法を誤ると大きな損失になることも考えておかなければなりません。そこで、大きな損失を防ぐための素早い対応が肝要となります。

誰だつて損失が確定するより、利益が確定したほうがうれしいに決まっています。市場に参加している投資家のほとんどが「一円でも多く儲けたい」「一円でも損をしたくない」と考えているに違いありません。だから、損失を確定させるのは誰でも嫌で、ついつい対処が遅れがちになります。

しかし、相場が上手な人は、この損失確定(ロスカット)が上手な人達です。あらかじめ決めておいた損失額に達した時は、躊躇せず損失を確定させることができます。あたかも、損をするのを予測していたかのようにデス。

それができるのは、損失の確定が利益獲得の第一歩だと知っているからです。むしろ損失が拡大しなかったことを喜びます。だから時間の経過が問題ではありません。それが致命的な損失を出さないで、最終的に利益を確保するケースが多くなることにつながるのです。

-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

相場の大敵は恐怖感

投資は偶然でも「儲ければすべてよし」なのです。だからといって、「少し待ってみよう」とか「明日の様子をみからにしよう」と判断したとして、損失が縮小する保証はどこにもありません。「改善する」「変わらない」 …

no image

過去の投資結果を気にしない

投資は儲かる場合もあれば、失敗して損する場合も当然あるわけで、毎回儲けることが理想的でも、実際には困難です。逆にうまくいかないことのほうが多いといえます。勝ち続けることが困難である以上、唯一勝つことが …

no image

先物相場の波を泳ぐ

相場は売と買の二つしかありませんから、当たる確率は二分の一ということになります。それだからといって、損益の確率も二分の一かというとそうではありません。当たる確率が二分の一だということは、今の時点から次 …

no image

損切り(ロスカット)は最良の方法

まったく損失を確定をすることなく、すべての売買に完勝できれば良いに決まっています。しかし全勝できる投資家などプロの世界にもいません。「一度も失敗したことがない」という人がいたら、売買の回数が少なくいか …

no image

相場で儲ける前に考えておくこと

ここには、日経225やオプションまたは商品などの先物相場は、どうやれば確実に上達できるのかが書いてあります。「相場表の見方」や「注文の出し方」などの基本的な仕組みは、商品取引員のホームページにある「商 …