相場の心得

損切り(ロスカット)は最良の方法

まったく損失を確定をすることなく、すべての売買に完勝できれば良いに決まっています。しかし全勝できる投資家などプロの世界にもいません。「一度も失敗したことがない」という人がいたら、売買の回数が少なくいか、ウソをついでいるかのどちらかに間違いありません。もし、ウソでないのならそこでやめておくべきです。必ず倍返しで負けますから。

勝敗をプロ野球にたとえるとよくわかも知れません。年間130以上も試合をやれば、必ずどこかで負けます。開幕○○連勝などとよく話題になりますが、プロ野球の場合はすべて試合を消化しての勝率で決まるのはご存知の通りです。その点相場は途中で止めることもできますから、勝ち逃げが可能なのですが、勝ち逃げした人を聞いたことがありません。結局生涯のどれだけ負けないかで決まるのだと思っています。

「○○○%の実績」だとか、「勝率○○%」ほどあてにならないことはありません。プロ野球に話を戻せば、勝率6割は優勝可能な勝率ですが、 相場で重要なのは勝率ではなく得失点差です。つまり、相場は勝率や相手チームとの勝敗で順位を争っているわけではないので、100得点90失点というように得点がプラスである必要があるのです。勝率をあえていうなら感覚的には、バッターの打率に近いかも知れません。つまり、3割当たるだけで、十分採算が取れればいいのです。

毎日売買していれば、プロが負けることも日常茶飯ですが、素人と決定的に違うのは、思惑がハズレた時の「損失確定」が速いことだといっています。つまり、感覚で闇雲に売買するのではなくて、損切りにもルールを持っていることなのです。個人とプロとでは、資金量に差がありすぎるので具体的な例は出しませんが、よく言われる「試し玉」を頻繁に出します。この試し玉の損切りを「儲けるためのコスト」と考えているようです。

それではプロと同じやり方が良いのかというと、「真似をしないほうがいい」という程度よりも、まったく違った売買を考えたほうがいいようです。プロは百戦錬磨ではあっても、トータルでプラスになればいいという単なる「サヤ稼ぎ」屋です。売買の仕方は真似たら、あっという間に資金がなくなってしまいますから、同じ市場でも別物だと思いましょう。しかし、資金量の少ない個人がプロの真似をすべきなのは、この損切りのルールと躊躇しない態度なのです。

 

[最終更新日] 2016/03/18







-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ