FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

相場の心得

手仕舞いがすべて

「相場は人気の裏を行く」の通り、市場に参加している投機家は、強気・弱気そして常に迷っている。需要・供給・取り組み・出来高・人気・日柄のファンダメンタルズを考慮してもよく分からないのが本音。相場の奥義があるとすれば、「相場と喧嘩をするな」「萬玉張るな」「しまったは仕舞え」の三つか。

両建ては両損といって、両方の玉が利益になることはない。一般に両建てとは、建て玉が不利になった時、一時的に損益を固定するときに使う手と思われている。両建てはすべからずであるが、利のある玉から食って損の玉を放置してしまう。食ったら最後、放置した玉は永久に戻ることはない。

ナンピンは、できるだけ建て玉を実際の相場に近づけるテクニックであるのに、分の悪い玉とは縁が切れないままにしてしまう。順調なときは、利益計算が楽しいものである。ところが逆境になると損の計算をしたくなくなる。そして、損をしたときに反省をしない。儲かったことだけを繰り返し思い出して、ひとりで楽しんでしまう。

「しまったは仕舞え」と「利は伸ばせ」が頭で分かっていてもできない。「しまった」と気づく時が問題である。萬玉張って、追証がかかったときに「しまった」と気づくから「仕舞え」ないのだ。損がハッキリしているから仕舞えない。

どうしても萬玉を張りたいのなら、建て玉をする前に追証がかかったら「仕舞う」ことをしっかり頭に叩き込んでおいて、そうなったら死んでも実行しなければならない。

-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

相場で勝ち続けるアイデアはありますか?

いくら儲けたいのか?といったら、ひと区切りの1億円とをいうかも知れません。「1億円を達成・・・」などという副題のついた本もあるくらいですから。この手の本を読んだことのある人は多いはずです。なぜなら誰で …

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …

no image

投資家の悪い癖

「株価の先行きは、神様でも分からない」というのを忘れてはいけません。「神様にしか分からない」のではありません。神様にも分からないことに「もう少し待てば損益が好転するかもしれない」などと期待を持ってはい …

no image

損切りの心理的影響

言い方が古いが、古今東西「名人」といわれる人ほど損切りが上手で、日計り(デイトレード)など夢の時代でも、極端に言えばその日のうちに処分してしまうなんてこともしばしばでした。お金の動きがグローバルで1日 …

no image

相場に運は必要か

運が良かったとか悪かったとかは、いつ誰にでもあることだが運を天に任すことなどできないのが相場の世界である。宝くじが当たるかどうかも、買わなければ当たらないのと同じように100枚買った1枚も、1枚しか買 …