相場の心得

如何に生き残るか

相場の上下は1/2である。8割~9割を狙ってはいけない。狙っても取れないから、目指しても無駄だということだ。相撲でいえば、8勝の勝ち越しで十分である。10勝以上を三場所も続けなければ大関にはなれない。驚くのは8勝の勝ち越しでも、勝率にすれば53%であり、10勝しても63%である。

相場をする者にとって、いかに大きく速く儲けるかが最大の願望だが、上手くいくのは一生の内2~3回あればいいほうで、多くの人は当たる前に消えて行く。サラブレッドでいえば、クラシックレースなどには出場できないが、地方競馬や名も無いレースの2・3着を確実に取って賞金を稼ぐ。馬主にとってこれほどの名馬がいようか。まさしく無事これ名馬である。

当たった、曲がった、損した、儲けた、を毎日考えている。曲がったり損しそうなときは仕事も手につかない。それでいて相場で生活をしたいと考える。素人と玄人との違いは、生き残る技術があるかどうかである。

「しまったはしまえ」の金言通り、いかに損切りを認めることができるかで勝敗が決まるといっても過言ではない。弾を切らさないで、資金量と建て玉のバランスを考え、くれぐれも「勝負に出よう」などとは考えないことである。

[最終更新日] 2016/03/18







-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

如何に生き残るか

成長プロセスは単調な登り坂ではない。 水(H2O)が摂氏0度付近になると、一気に氷(固体)から水(液体)になります。それが摂氏100度付近になると、さらに一気に水(液体)から水蒸気(気体)に。これは、 …

no image

過去の怖い話も知っておこう

先物取引のトラブルは突然の電話から始まった 大学の後輩と称して取引を勧誘する営業マン。先物取引の知識がないのに、知っているふりをする先輩。断り切れなくなって、お付き合いのつもりで入金したら、勤務中でも …

no image

勝てない理由を理解する

勝てない投資方法でトレードを続けていても、ある日突然勝てるようになることはありません。それが心理的なものなのか技術的なものなのか、すこし立ち止まって原点を見つめてみましょう。 多くの投資家は、テクニカ …

no image

勝つには完敗しない

戦国の武将といえども、一部の野心家を除けば、戦いを好んでしたものは多くはなかった。家臣や領地を守るために、しかけられたものが多かったからこそ、常に戦況を注視し負けと判断するや否や、勝ち組みに寝返ること …

no image

過去の投資結果を気にしない

投資は儲かる場合もあれば、失敗して損する場合も当然あるわけで、毎回儲けることが理想的でも、実際には困難です。逆にうまくいかないことのほうが多いといえます。勝ち続けることが困難である以上、唯一勝つことが …

先頭へ