相場の心得

建玉を分割で売買する方法

建玉を分割すれば、平均値を有利にできるうえに安心感があるので実行しやすいといえます。建玉を分割するのですから、最低で2分割になります。建玉の予定が10枚であれば、5枚を2回に分けて建玉します。

最初の建玉

はじめの建玉は、単純な売買と同じです。上がったところか下がったところを、逆張りで建玉をします。急激な転換で逆行がない場合には見送るか、落ちついた値動きになってから建玉しても十分です。

残りの建玉

難平(ナンピン)をして平均値を有利にするのではなく、最初の建玉に利益が乗ったら、残りの建玉をして精神的に楽にします。このときも逆行で建玉をします。建玉に利益が乗るということは、単に利益勘定になることではなく、建玉をすると判断した時点の終値より有利になることです。

分割手仕舞い

予定枚数の建玉が終了したら、分割して手仕舞いをします。最初の建玉が逆行して、予定数に達しなかったら、利益が乗っていないことですので即手仕舞いです。数日間連続して順行したところか、ストップ高(安)になったら半分手仕舞います。

残りの手仕舞い

さらに順行して次ぎのストップ値段で、全量手仕舞います。もちろん反対の動きになってから手仕舞いしても十分です。

損切り

建玉の損金が最大でも証拠金の額をつけてしまったら、翌日にすべての建玉を強制処理します。このとき「戻るかもしれない」と思うのは幻想です。戻らないから大損をしている人がたくさんいるのです。

[最終更新日] 2016/03/18

-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

テクニカル指標の選び方

一般に使われているテクニカル指標は100種類以上あると言われていますが、有名な指標は古い新しいにかかわらずどこかで誰かに使われていて、その指標のすべてで誰かが利益を上げているから現在でも存在しています …

no image

相場で儲ける前に考えておくこと

ここには、日経225やオプションまたは商品などの先物相場は、どうやれば確実に上達できるのかが書いてあります。「相場表の見方」や「注文の出し方」などの基本的な仕組みは、商品取引員のホームページにある「商 …

no image

相場は相場に聞く

「人見て相場を張るなかれ」ということは、誰がどうした彼はこうしたという情報で売買をするなということである。 あくまでも自分の感情をまじえないで、相場は相場に聞く態度が肝要である。 ところが人は、「見た …

no image

相場で儲けたいということ

日本の資産が海外で投資されるようになって、日本経済は単に物を作って売る工業社会から、いやおうなしに相場というバクチにかかわり合う金融経済社会に急速に変わりました。バクチが嫌いな人でさえ、大切なお金を防 …

no image

次の一手が肝要

市場は24時間365日取引が行なわれ、株式市場は休みの日は除いても、今日も明日も明後日も休みなく開かれます。負けて撤退する人もいれば、新たに参入してくる人もいます。いつも新しい血が流れ込み、常に株式市 …

先頭へ