FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

相場の心得

先物相場成功のカギ

投稿日:

日本の社会は、勝組と負組みなどといわれ、所得格差の広がりが顕著になってきたようです。努力すれば乗り切れるのなら、皆が努力を惜しまないでしょう。同じような努力をしても、報われる人とそうでない人がいるのはどうも納得がいかないものです。将来に対する多少の不安はあっても、あなたは現状に甘んじて、そこから抜け出そうとはしないのでしょうか。

生き残るにはあなた自身の決断と勇気が不可欠です。現状を抜け出し成功者になる人と、そのまま敗者で終わる人とでは、決定的な違いがあります。多くの人は、自分にないような特別の資質を持っている人だけが成功すると考えがちですが、決してそうではないのです。

世の中には成功できる人と、成功できない人しか存在しません。何事にもまじめで正直であり、勤勉で意思が強く頭が良くても、成功とは何の関係もありません。人として正しい生き方をしていても、不幸である人はたくさんいます。人が道徳的であることと、人生の成功や幸福度とは何の関係もないのです。

かつて石炭が花形産業であった時代がありました。肥料会社や造船会社に入社することが自慢だった時代もありました。そうした花形企業に入社したつもりが、定年のころには、その産業そのものが衰退してしまったという例は決して珍しいものではありません。今の世の中の常識は10年後の非常識となる確率はどんどん高くなっています。

では成功者になるためにはどうすればいいのでしょうか。それは、単純な方法を実践できるかどうかにかかっています。単純な方法とは「成功するノウハウ」を知って、これを「身につける」ことです。相場で成功を目指した人たちが、秘法と称する特殊な罫線による売買でも実を結ばないのは、法則が曖昧であったり一貫した投資方針がないために、判断に迷うことがあるからです。

迷わない方法さえ知ってしまえば、たやすく「身につける」ことができます。どんなやり方でも、目に見える成果を自覚できなければ、身につけることはできません。しかし、ごく当たり前で信頼できる売買法がこの世には存在します。そしてあなたは、すでにその成功ノウハウとの出会いを、いままさに始めているのです。

このぺージをご覧になっている方は、さまざまな職業や境遇ではあっても、金持ちになりたいという願望をお持ちのことではないでしょうか。それがどんなに高いものであっても、必ず実現できると信じてください。あなたも相場で成功した人の仲間入りをしてください。相場で成功した人は、無駄な努力を排除して、単純な方法を繰り返し実践した人です。

もしあなたがいままでに、死ぬほどの苦しみを味わったり、成功していないとしたら、あなたはまったく無駄なことをしていたことになります。成功できない原因を取り除くことは、いたって簡単なことです。

相場が差額を決済するものである以上、儲かる方法は二つしかありません。安いとき買って、高くなったら転売するか、高いときに売って、安くなったら買戻すことしかないのです。その逆をやって成功した人はいないのです。成功者とは、ごく当たり前のことを実行し、けして無理をしない人です。取引には大変慎重であり、儲けも驚くほど地味なのです。失敗者は、失敗することがわかっていてできないか、思い入れが強すぎて無意識に実行してしまっているのです。この無意識がくせ者で、当人が失敗の原因を自覚するのを妨げているからに他なりません

材料や取組高・出来高を研究して相場に臨んでも、迷うだけで思うような成果は上がりません。相場に対する総合的な見方を相場観といいますが、その元になるのは見たり聞いたりしたことです。相場が上手になりたいのなら、すべての材料を無視して、売買の技術を向上させる努力をすることです。相場観を持たない人ほど成功者になれる可能性が高いのは、相場に理論や理屈が必要ではないことの証拠です。まったく努力を必要としないで、今からでもできる方法を実行してください。

先物取引で成功する条件は3つ

・どういう時に建て玉をすればいいのか?
・どこで手仕舞えばいいのか?
・損切りをどうするか?

この単純な条件を、理屈抜きに実行できれば、あなたはもう成功者の道を歩み始めたことになります。

-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

如何に生き残るか

成長プロセスは単調な登り坂ではない。 水(H2O)が摂氏0度付近になると、一気に氷(固体)から水(液体)になります。それが摂氏100度付近になると、さらに一気に水(液体)から水蒸気(気体)に。これは、 …

no image

勝つには完敗しない

戦国の武将といえども、一部の野心家を除けば、戦いを好んでしたものは多くはなかった。家臣や領地を守るために、しかけられたものが多かったからこそ、常に戦況を注視し負けと判断するや否や、勝ち組みに寝返ること …

no image

判断ミスは素直に認める

投資家は「損切りを嫌っても、遅らせても」いけません。ミスだと解ったらすぐに損切りであっても適切な処分しなければなりません。売りを買と間違えて建玉したなどの「建玉のケアレスミス」はもちろんのこと、思い込 …

no image

過去の投資結果を気にしない

投資は儲かる場合もあれば、失敗して損する場合も当然あるわけで、毎回儲けることが理想的でも、実際には困難です。逆にうまくいかないことのほうが多いといえます。勝ち続けることが困難である以上、唯一勝つことが …

no image

投資家の悪い癖

「株価の先行きは、神様でも分からない」というのを忘れてはいけません。「神様にしか分からない」のではありません。神様にも分からないことに「もう少し待てば損益が好転するかもしれない」などと期待を持ってはい …