相場の心得

相場で勝ち続けるアイデアはありますか?

いくら儲けたいのか?といったら、ひと区切りの1億円とをいうかも知れません。「1億円を達成・・・」などという副題のついた本もあるくらいですから。この手の本を読んだことのある人は多いはずです。なぜなら誰でもお金儲けに興味があり、お金を儲けた人の方法を知りたいものです。

簡単かどうかは別として、皆がお金儲けを考えているのですから、皆とは違った方法でないと儲けられないことは明らかですが、同じようなものではいけないのかといえば、そんなことはありません。1億円儲けた誰かの方法を真似るのではなく、資金が少ないうちこそ少しずつ地道に稼ぐ方法を探すべきです。

その方法を「達成本」からヒントを得ようと探してみても見つからないはずです。なぜならほとんどが嘘だからです。仮に本当だったとしても、過去に達成したことがあったり、肝心なことは省略して書いているはずです。

しかし、儲かっている人がいないかというとそんなこともありません。重要なことは、儲けている人達に共通なのは、ホームページを見て歩いたり、自分の成功談を他人の掲示板に書きこんだりしない人達だということです。

今後あなたが、どんな方法を選んで相場に立ち向かうにせよ、当たる確率は50%以下の方法しか見つからないと思って間違いありません。なぜなら、勝率50%以上の秘法があるとしたら、その方法で誰でも儲けることができるわけですから、負けるひとがいなくなります。そのことはその市場が成立しないことを意味しています。このことは大変重要ですから、しっかり解かった上で取引に参加することです。

[最終更新日]2016/03/18

-相場の心得


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

誰にでも儲かる方法は

巷にはすぐにでも儲かりたいと願う人がたくさんいて、その人がほしがる投資法の書籍や教材、投資セミナーなどであふれています。儲かっている人がいるのですからその人のまねをすればすぐにでも儲かりそうな気もしま …

no image

相場こそ休むべし

相場の世界に身をおく人で、この相場金言を知らない人はいないと思う。この金言を作ったご本人がこの「休む」ことができなかったという。それほど相場で休むことは難しいといわれる。休みといえば、1ヶ月のこともあ …

no image

如何に生き残るか

成長プロセスは単調な登り坂ではない。 水(H2O)が摂氏0度付近になると、一気に氷(固体)から水(液体)になります。それが摂氏100度付近になると、さらに一気に水(液体)から水蒸気(気体)に。これは、 …

no image

大きな失敗を避ける

投資1回ごとに結果がでるので、悔やみ切れない場合もいい多いのですが、いくら悔やんでも過去の損失が消えるわけではありません。済んだことばできるだけ早く忘れることを心がけたいものです。特に底値で買えたり、 …

no image

手仕舞いがすべて

「相場は人気の裏を行く」の通り、市場に参加している投機家は、強気・弱気そして常に迷っている。需要・供給・取り組み・出来高・人気・日柄のファンダメンタルズを考慮してもよく分からないのが本音。相場の奥義が …

先頭へ