言い方が古いが、古今東西「名人」といわれる人ほど損切りが上手で、日計り(デイトレード)など夢の時代でも、極端に言えばその日のうちに処分してしまうなんてこともしばしばでした。お金の動きがグローバルで1日中動いていて価格の変動は敏感ですから、早めの対処が必要になるのは当然です。

相場はすべてが思惑ですから、その思惑とは反対に動ぐことなどしょっちゅう起こります。思惑通りに動いた場合は、放っておいてもそれなりに儲かりますから、それとは逆の思惑通りに動かなかった時の対処が大変重要になります。チョット損切りを躊躇したり、対処法を誤ると大きな損失になることも考えておかなければなりません。そこで、大きな損失を防ぐための素早い対応が肝要となります。

誰だつて損失が確定するより、利益が確定したほうがうれしいに決まっています。市場に参加している投資家のほとんどが「一円でも多く儲けたい」「一円でも損をしたくない」と考えているに違いありません。だから、損失を確定させるのは誰でも嫌で、ついつい対処が遅れがちになります。

しかし、相場が上手な人は、この損失確定(ロスカット)が上手な人達です。あらかじめ決めておいた損失額に達した時は、躊躇せず損失を確定させることができます。あたかも、損をするのを予測していたかのようにデス。

それができるのは、損失の確定が利益獲得の第一歩だと知っているからです。むしろ損失が拡大しなかったことを喜びます。だから時間の経過が問題ではありません。それが致命的な損失を出さないで、最終的に利益を確保するケースが多くなることにつながるのです。