先物取引の基礎知識

デリバティブの種類

投稿日:

この二つは通貨、金利、株価、商品価格、株価指数などが対象です。

先渡し取引・先物取引

「先渡し取引」は、取引所のような公的な機関が仲立ちをしません。あくまでも取引するもの同士の約束に基づいて行なわれます。いわゆる「相対(あいたい)取引」です。したがって、取引上の制約は緩やかで、さまざまな組合わせの取引が可能です。

なお、商品取引で「延べ取引」といっているのは、この「先渡し取引」と本質的には異なりません。

これに対して「先物取引」は、証券・商品取引所などが用意した商品の商品価格が対象となります。取引行為自体も取引所が仲介して行なわれます。したがって、商品の種類が限定されるのはやむを得ません。

スワップ

代表的なものとしては、同一通貨の金利を交換する「金利スワップ」と、異種の通貨を金利ごと交換する「通貨スワップ」があり、銀行。証券会社が中心になって行なわれます。「銀行・証券会社対事業会社」のケースが一般的ですが、「事業会社対事業会社」の形も不可能ではありません。その性格上、公的な機関を仲介しない相対取引の形になります

オプション

対象商品の売買の「権利」を売り買いするという取引手法のオプションは、デリバティブの中では、スワップとともに最も活用範囲の広い手法です。取引所が仲介する「既製品」のほかに、さまざまな種類の商品がつくり出せます。現在、わが国で取引所に上場されているものには、日本円短期金利先物、債券先物、株価指数、商品先物を対象とした各オプションがあります。

以上、四つの商品は、それぞれ微妙に性格が違っていますが、いずれも「将来の特定の時点の商品価格を予測し、それを現在時点で確定して取引する」という点では共通しています。

 

-先物取引の基礎知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

先物取引を考える

古くから自然発生的に行われていた商品の先物取引は、金利や為替といった「お金」が商品になると、実体経済を大きく上回リ、近年になって急速に拡大しました。お金の取引を商売としている金融機関はもちろん、政府系 …

no image

デリバティブの概要

デリバティブとは、金融取引上で発生する権利などを売り買いする金融商品のことです。金融派生商品などといわれ、リスクのヘッジと収益を目的として、通貨、金利、債権、株式を対象として「先渡し」「先物」「オプシ …

no image

金融と先物取引

金融とは、おカネを融通することであり「金融機関」とは、おカネの融通に関する業務を行っている会社のことで、私たちが最も多く利用しているのが銀行です。また銀行と同じように融資業務を行なう金融機関に「信用金 …

no image

先物取引とは

人間は常に頭の中で先を予測したり想像したりしていますが、予測という行為は人間の大脳の代表的な働きのひとつです。春の野菜は比較的安く出回りますが、夏の暑い盛りには野菜の値段が上がります。 「ここ一週間は …

no image

レバレッジとは

先物取引の特徴のひとつに、レバレッジ(てこ)があります。てこを使えば小さな力で大きなものを持ち上げることができるように、金利やオプション料(プレミアム)のみで大きな取引ができ、このレバレッジの原理を用 …