金融と投資

キャッシングローンの利用

投稿日:

 キャッシングローンは、ここ数年で利用者が爆発的に増えました。
 生活に密着したカードや宣伝合戦などで、社会現象にまで発展しています。


 スーパーやコンビニ、交通機関で便利なカード類は、キャッシング機能がついていることが多く、全国のATMで操作すれば簡単にお金を借りることができます。
 キャッシング、キャッシュカードという言葉やものがあまりにも身近になったため、一昔前まではサラ金、などと呼ばれていた暗いイメージが一掃され、なんだかちょっとお金が足りなければすぐ使えばいいような気がしてきますね。
 キャッシングローンでお金を借りると、利子はどれくらいつくのでしょうか。
 TVや雑誌で有名な消費者金融では、年間20%を超える利子がかかることがあります。
 100万のお金を借りると、1年後には120万返すことになります。
 2006年には、キャッシングでの利子の高さが議論され、金利を引き下げる動きが出ています。
 キャッシングローンの返済は、月々ムリのない金額の返済で済むといううたい文句で、返済額から少しずつ利子を引いていく方法をとります。幸か不幸か、利用者は全体の利子をあまり意識することはないようです。
 ご利用は計画的に、などと言われますが、自分の収入に見合った計画的な支出をまず考えてみたいですね。

-金融と投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

まとめローン

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数社にまたがる借金を、別の1箇所で借りたお金で一括返済し、返済のためのローンを組みなおすことです。

no image

FX(外国為替)証拠金取引スワップ

FXの取引ルールの中でも、スワップやレバレッジという言葉は分かりにくいと感じる人が多いようです。 スワップとは金利差のことで、現在、世界的に金利が安い部類に入る日本では、誰が投資してもいいくらい、と言 …

no image

複数借り入れ「まとめローン」

 まとめローンとは、キャッシングなどで複数の会社から借金を重ねている人向けに、借金をひとつにまとめて返済の手間はもちろん、ローンの利子減らしてそうというサービスです。

no image

投資顧問による投資判断

 投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。

no image

FX投資スワップ活用法

FX投資は、中長期の資産運用に有利な外貨投資法と言えます。 ゼロ金利がやっと解除されたとはいえ、日本の銀行に預けているお金なんて、全然増えそうな気がしませんよね。これは、金利が低いためです。