金融と投資

国際投資

投稿日:

 国際投資とは、投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。


 金融商品は、世界的に数多く存在し、日本から投資できる証券や国際なども、かなりの数に上ります。
 国際投資により、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争による国際的リスクを分散することができます。
 国際投資はまた、各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うこともできます。例えば、日本では不況のピークであっても、別の国では経済成長の真っ只中ということは少なくありません。
 個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場でしょう。

-金融と投資


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

キャッシングローン

 キャッシングローンとは、借金をして分割返済することです。

no image

銀行系と消費者金融系の違い

 キャッシングを考える場合、銀行系と消費者金融系ではどう違うのでしょうか。銀行系のキャッシングの場合、まず利子が段違いに安いです。

no image

CFDのデメリット

CFD市場はすべてがバラ色とは限りません。今後市場が縮小することも当然考えておかなければなりません。また、CFD業者は信託保全を義務付けられていますので、倒産した場合は資金の全額が返却されますが、最悪 …

no image

ヤミ金融の取立てと戦う

 ヤミ金融でお金を借りてしまうと、毎日、ひどいときには時間単位で利子がつき、日が経つほどに、金額が大きいほどに返すことが困難になってきます。

no image

キャッシング審査

キャッシング審査とは、お金を返済する能力があるかどうかを調べるものです。