金融と投資

投資信託の運用

投稿日:

 投資信託は、ファンドとも呼ばれ、投資家が自分で業界や企業を分析しなくても、投資の専門家が運用して、その成績による利益の分配を受けられる商品です。


 最近、国や企業の要人を巻き込んだ村上ファンドのニュースなどが世間を賑わしました。運用成績のよい投資信託を選ぶことができれば、大きな利益を得られる可能性があります。
 投資対象の価値や時期を判断するのは大きな労力が必要です。
 個人投資家では、情報や経験が不十分なことも多く、投資信託で運用する専門家には及ばないのではないでしょうか。
 投資信託のメリットは、やはり個人の労力が少なく、専門家による安定した利益が見込めるところにあります。
 投資資金を分散し、一部は自分でハイリスク・ハイリターンな証券取引を直接行い、一部は投資信託に投資するというスタイルを取る人も多いようです。
 投資信託を専門に扱うファンド会社は、近年急増していますが、株価の変動が激しく、投資で利益をあげられずに倒産するファンドもかなりの数にのぼります。
 専門家に依頼するとしても、投資対象や、投資成績についてはリスクがあることも注意して投資することが大切です。

-金融と投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

先物取引の実際

 先物取引での投資を実際に始めるために、日経平均先物の売買を例にとって説明してみましょう。

no image

キャッシングローンの利用

 キャッシングローンは、ここ数年で利用者が爆発的に増えました。  生活に密着したカードや宣伝合戦などで、社会現象にまで発展しています。

no image

FX(外国為替)証拠金取引スワップ

FXの取引ルールの中でも、スワップやレバレッジという言葉は分かりにくいと感じる人が多いようです。 スワップとは金利差のことで、現在、世界的に金利が安い部類に入る日本では、誰が投資してもいいくらい、と言 …

no image

投資顧問

 投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、主に証券取引に関する専門知識を持つスペシャリストを指します。

no image

ヤミ金融

 ヤミ金融とは、誰でもおよそ審査なしにお金を貸してくれる業者をさします。これだけでは誤解を与えるかもしれません。