金融と投資

先物取引の実際

投稿日:

 先物取引での投資を実際に始めるために、日経平均先物の売買を例にとって説明してみましょう。


 投資のためには、まず証券会社で口座を開設する必要があります。
 手数料が安い証券会社に資料請求して口座を開設しましょう。
 先物取引で日経平均を売買するとはどういうことでしょうか。
 株式市場に上場して、株が売買されている会社は数千もあり、好決算による株価急騰や、突然の倒産などのリスクに常にさらされています。
 この中から、業績良好な会社を225社より抜き、その株価を平均したものが日経平均株価と言われるものです。
 突然の倒産のリスクがなく、市場全体の株価を反映するため、投資家の判断の基準ともされている指数です。
 先物取引で日経平均株価に投資するとは、日経平均が将来のある時点でいくらであるかという権利を売買することなります。
 ただし、投資のための証拠金に対し、100倍の金額が売買できるので、将来のある時点を予測しなくても、例えば現在現時刻に15000円の日経平均が、確実に100円(1単位100円で変動)あがる、100円下がるということが予想できれば、1単位で1万円の差益を得ることも可能です。
 先物取引も含めて、証拠金の数十倍もの権利を売買する投資法は、利益も損失も大きくなるので、十分に注意が必要です。

-金融と投資


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

CFDのデメリット

CFD市場はすべてがバラ色とは限りません。今後市場が縮小することも当然考えておかなければなりません。また、CFD業者は信託保全を義務付けられていますので、倒産した場合は資金の全額が返却されますが、最悪 …

no image

FX投資スワップ活用法

FX投資は、中長期の資産運用に有利な外貨投資法と言えます。 ゼロ金利がやっと解除されたとはいえ、日本の銀行に預けているお金なんて、全然増えそうな気がしませんよね。これは、金利が低いためです。

no image

FXの取引の実際

FXの取引は、円が安いときに外貨を買い、円が高くなったら外貨を売ることで、相場の差額を利益にする投資方法です。

no image

キャッシング審査のいろいろ

 キャッシング審査では、本人の顔と証明書、住所などの個人情報はもちろん、支払い能力があるか、保証人についても調べます。

no image

投資顧問による投資判断

 投資顧問は、価格が常に変動する証券取引や、外貨、不動産などさまざまな商品の相場の現状を把握し、分析し、本来の価値を判断する専門家です。