金融と投資

外国為替証拠金取引(FX)

投稿日:

FXとは、外国為替証拠金取引をする投資形態で、「外貨FX」などとも呼ばれます。


証券会社などに小額の担保金を差し入れ、その10?20倍の外貨を売買することができる仕組みです。
 外貨は、政治、経済、貿易、災害などさまざまな要因で刻々と変化しています。
 円高のときに外国の通貨を買っておき、円が安くなってから外貨を売って円に戻すと、売買の差分の利益が狙えます。
 先に外貨を売っておき、円が高くなったら買い戻すなど、持っていない外貨を売ることからも始めることができます。
 取引できる外貨の種類の豊富さ、最低証拠金や手数料の引き下げにより、近年は投資利用者が急増しています。
 証拠金の数十倍の金額を扱えるので、大きな利益を期待することもできますが、予想と異なる方向に相場が動いた場合は、損失も大きくなることがあるので、注意が必要です。

-金融と投資


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

CFDのデメリット

CFD市場はすべてがバラ色とは限りません。今後市場が縮小することも当然考えておかなければなりません。また、CFD業者は信託保全を義務付けられていますので、倒産した場合は資金の全額が返却されますが、最悪 …

no image

投資信託

 投資信託とは、銀行にお金を預けるように、投資信託に資金を預け、集められたお金を証券や債権のプロが投資により運用した利益の分配を受けるという金融商品です。

no image

FXの取引の実際

FXの取引は、円が安いときに外貨を買い、円が高くなったら外貨を売ることで、相場の差額を利益にする投資方法です。

no image

キャッシング審査

キャッシング審査とは、お金を返済する能力があるかどうかを調べるものです。

no image

投資顧問

 投資顧問とは、証券アナリストとも呼ばれ、主に証券取引に関する専門知識を持つスペシャリストを指します。