キャッシングを考える場合、銀行系と消費者金融系ではどう違うのでしょうか。銀行系のキャッシングの場合、まず利子が段違いに安いです。

 目的のあるキャッシング、つまり学費や事業、不動産購入などの場合は、数パーセント程度で、消費税の上乗せのような感覚です。
 とはいっても、数千万のキャッシングをすれば、それなりの利子にはなります。
 長い間会社員をしていて、貯金が数百万あり、結婚して家を購入するため貯金を下ろそうとすると、銀行員から借り入れを勧められることも多いようです。
 キャッシングする側からしても、自由に使えるお金は手元に残り、ムリのない低金利で月々少しを返済できるなら、借り入れを選択することは魅力的です。
 銀行系でキャッシングができる場合は、それなりの信用に値する仕事、預金などの取引履歴が問われます。
 消費者金融系からのキャッシングは、銀行とはかなり異なります。
 銀行系との大きな違いは、利子の高さです。10パーセントや20パーセント以上はかかるのが一般的です。
 消費者金融からのキャッシングは、審査が厳しくて保証人が必要なほど利子が安いものになります。
 簡単審査、保証人不要と言い出すほど、その信用の足らない部分が利子に回ってくるようです。