ヤミ金融とは、誰でもおよそ審査なしにお金を貸してくれる業者をさします。これだけでは誤解を与えるかもしれません。

 ヤミ金融の勧誘は、冒頭のように甘い言葉で、巧みに利用者をそそのかします。
 「無審査」「保証人不要」「他社で借りていてもOK」
 などのチラシが、公衆電話や電柱に貼ってあったり、雑誌に広告が載っているのを目にすることも多いかもしれません。
 キャッシングで借金を重ねている人には、自分を救ってくれるありがたい存在のように思えるかもしれません。
 キャッシングをしようか迷っているような初心者さえ、こっちのほうが簡単そうかな、と錯覚してしまうくらい身近に宣伝が浸透しているので、注意が必要です。
 ヤミ金融では、国の法律で決まっている上限を無視した利子が取られます。
 消費者金融からのキャッシングの比ではないその利子は、10日で1割、つまりトイチなどと聞いたことがあるようなレベルはもちろん、10日で3割、時間貸しまであり、あっという間に利子が膨らんで大変なことになってしまいます。
 キャッシングで多重債務者に陥った人を助ける態度を装って、消費者金融で借りれるように口ぞえするからと紹介し、気づきにくいように説明していた法外な紹介料を取るなど、手口は巧妙です。
 キャッシングの初心者は、うっかり借りないように注意しましょう。
 どうしてもここまで必要な場合は、どんな状況でも借りることはできるかもしれません。その先の利子や取立ての恐ろしさについては、十分に検討が必要でしょう。