8月1日(ブルームバーグ):債務上限引き上げ交渉
米民主党のリード上院院内総務は、連邦債務の上限引き
上げに関する合意案を受け入れた。同院内総務の事務所が
声明を発表した。民主党上院議員の承認を得られることが
前提としている。
  米議会指導部とオバマ政権は債務上限の引き上げに
関する合意の詳細で大詰めの交渉を進めている。米国の
デフォルト(債務不履行)回避と金融市場の懸念緩和を目指し、
上院では31日夜にも投票が行われ、下院で8月1日に
採決される道が開かれた。
 共和党のマコネル上院院内総務は31日に上院会議場を離れる
際に記者団に対し、「われわれは合意に非常に近づいている。
合意の際には知らせる」と述べた。同院内総務はこれに先立って、
共和党とオバマ大統領の交渉が30日の双方の歩み寄りで
「劇的な進展」があったと述べていた。
民主党のリード上院院内総務は記者団に対し、上院が
31日夜に採決を行うことを期待していると語った。