なぜ先物取引なのか

FXや先物取引は株と違い「買う」だけではなくて「売る」こともできますから、売りと買いの両方にチャンスがあり、上がるのを何カ月もジッと待つこともありません。
時には上がりっぱなしや下がりっぱなしもありますが、1日に何度か上げ下げがありますから、買いと売りの二度のチャンスをものにすることもできます。
FXや先物などの取引は証拠金取引といって、数十分の一の資金で取引できますから資金効率が極めて良い点があります。さらにCFDを利用すれば世界の商品を取引することもできるのです。
中でもFXである意味は、トレードの入口として少ない資金で市場に参加でき、相場を実践するのには最適だからです。若者を含め将来のある方たちに、地味でも労働以外にお金を生むことができるトレードというものを啓蒙したい思いです。
その意味で一攫千金で夢のような世界にご案内することもありませんし、あなたに私の成功を自慢をしたり、何かを売って利益を得るようなことはありません。少なくともやってはいけないことだけは理解できたり、無駄な時間を過ごさせないことはお約束します。

先物取引を始めるには



証拠金取引

証拠金とは取引を行うときの担保になるお金のことです。為替取引をするとき自分の口座に証拠金となる資金がないと取引することができません。また、取引に必要な証拠金はレバレッジの倍率によって金額が変わってきます。もう少し詳しく・・・

スワップポイント

スワップポイントとは通貨ペアの金利差から発生する損益のことです。高金利の通貨を買って、低金利の通貨を売れば金利が受け取るという手法も存在しますが、ここではまったく無視しています。

先頭へ

CFDで取扱銘柄を選ぶ

CFDは世界の株式・債券・商品(金・銀・石油)など、グローバル規模の投資から、通常の「株式」「FX」「商品先物取引」「株価指数先物取引(日経225先物オプション)」など豊富な銘柄を取引できるうえ、通常の金融商品に比べてレバレッジを用いてより大きくパワフルな取引をすることができます。

また、個別株は企業の不祥事や倒産などにより、突発的な株価下落のリスクがありますが、日経225なら毎日膨大な取引が行われていて、売買のタイミングを逸することがありません。

株の信用取引のようなコストもかからないなど、多くの魅力を兼ね備えた投資商品です。取引銘柄を決めるのは後にして、早速CFD口座を開いて、有利な取引をじっくり探してみましょう。

海外FXレバレッジ888倍の海外FX会社
業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

先頭へ

[最終更新日] 2017/06/13